放送の自由<増補第2版> - 鈴木秀美

鈴木秀美 放送の自由

Add: aqedaq15 - Date: 2020-12-13 10:33:09 - Views: 830 - Clicks: 5486

Amazonで鈴木 秀美の放送の自由(増補第2版) (学術選書108)。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 秀美作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 所属 (現在):慶應義塾大学,メディア・コミュニケーション研究所(三田),教授, 研究分野:公法学,公法学,国際法学,小区分05020:公法学関連, キーワード:表現の自由,憲法,放送の自由,インターネット,ヨーロッパ人権条約,ヨーロッパ人権裁判所,放送法,番組編集準則,比較憲法,国際人権法, 研究課題. 増補第2版 フォーマット: 図書 責任表示: 鈴木秀美著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 信山社,. 在庫状況: ― 更新日時 10月23日 15時30分. 鈴木 秀美(すずき ひでみ、女性、1959年9月 - )は、日本の憲法 学者。大阪大学大学院高等司法研究科 教授を経て、慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授。専門領域は、メディア法、憲法、比較憲法。 静岡県生まれ。. 放送の自由 増補第2版 (学術選書 憲法)/鈴木 秀美(経済・ビジネス) - メディアの自由の内容を明らかにし、ドイツ・メディア法制を概観した上で、ドイツ放送の自由論を手がかりに、放送の自由の理念を考察する。. 「忘れられる権利」と表現の自由・再論 : ドイツ連邦憲法裁判所の2つの決定を手がかりに. 5 表現の自由 / 駒村圭吾, 鈴木秀美編著 2.

ü 鈴木秀美『放送の自由(増補第2版)』年 ü 鈴木秀美・山田健太編『放送制度概論』年 ü 曽我部真裕・林秀弥・栗田昌裕『情報法概説』年 ü 西土彰一郎『放送の自由の基層』年 ü 長谷部恭男『テレビの憲法理論』1992年. 図書 放送の自由<増補第2版> - 鈴木秀美 放送の自由(増補第2版). 放送制度概論 新・放送法を読みとく. 放送の自由の本の通販、鈴木秀美の本の情報。未来屋書店が運営する本の通販サイトmibonで放送の自由を購入すれば、ポイントが貯まります。本の通販 mibonではビジネス書の本 新刊・既刊や雑誌など約250万冊の本が購入できます。. 放送の自由(増補第2版) - 鈴木 秀美 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. メディア・コミュニケーション : 慶応義塾大学メディア・コミュニケーション研究所紀要 (慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所) ( 70 )年03月. 放送の自由 - 鈴木秀美 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 放送の自由: 著者: 鈴木秀美 著: 著者標目: 鈴木, 秀美, 1959-シリーズ名: 学術選書 ; 108.

この店舗では取り扱いがありません。 ※在庫状況は現時点のものではありません。必ずお店に在庫状況をご確認ください。. 放送の自由 書籍. 放送の自由 鈴木秀美著 (学術選書, 108. 8: 大きさ、容量等: 50,328p ; 22cm: 注記 表紙の第2シリーズ名(誤植): 放送法 注記 初版: 信山社.

憲法: 出版地(国名コード) JP: 出版地: 東京: 出版社: 信山社: 出版年月日等:. Under international standards, broadcast regulation should be conducted by an in dependent third-party actor, but the Broadcast Act, which regulates broadcasters, lodges authority over them in the Ministry of Internal Affairs and Communications. 主要著作:『放送の自由(増補第2版)』(信山社、)、『放送制度概論―新・放送法を読みとく』(共著、商事法務、)、ほか。 烏谷昌幸 (からすだに まさゆき/Karasudani Masayuki)〔第4、10章〕. 鈴木秀美教授 放送特殊講義夏季. 鈴木秀美・山田健太 編著. 放送の自由<増補第2版>/鈴木秀美のセル本は【tsutaya 店舗情報】です。. 放送の自由 増補第2版:本・コミックのネット通販ならセブンネットショッピング。セブン‐イレブン店舗受取りなら送料無料&24時間受取れる。nanacoポイントも貯まって使える便利でお得なショッピングサイトです。.

本 の優れたセレクションでオンラインショッピング。. 放送の自由 増補第2版/鈴木 秀美(放送)の目次ページです。最新情報・本の購入(ダウンロード)はhontoで。あらすじ、レビュー(感想)、書評、発売日情報など充実。. 放送の自由〔増補第2版〕.

放送の自由 増補第2版/信山社出版/鈴木秀美. 学術選書 108 憲法. 『放送の自由 増補第2版』鈴木秀美/信山社 労働法 放送の自由<増補第2版> 『労働実務事例研究 平成29年版』労働新聞社 /労働新聞社 『ステージ別ベンチャー企業の労務戦略』gva 法律事務所/中央経済社 『非正規雇用の待遇差解消に向けて』労働政策. ることを確認したうえで、放送は国家から自由であること、放送は一つの社会的集団に引き 渡されてはならないこと、以上2 つの条件を満たす放送秩序の内容形成は立法者の責務で あることを指摘した。このことを第3 次放送判決(BVerfGE 57, 295.

出版社: 信山社: 著者・作者: 鈴木 秀美 (著) 備考欄: 今回ご紹介する書籍は「放送の自由(増補第2版)」です。 放送・日本放送協会・放送事業者の規律に関する内容を規定した放送法と表現の自由等の放送における自由との関係を論じた研究書です。. 【tsutaya オンラインショッピング】放送の自由<増補第2版>/鈴木秀美 tポイントが使える・貯まるtsutaya/ツタヤの通販サイト!. Pontaポイント使えます! | 放送の自由 増補第2版 学術選書 | 鈴木秀美 (書籍) | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 憲法||ケンポウ) 信山社,. Article 4 of the Broadcast Act lays down basic professional norms, providing that broadcasters “not harm public safety or good morals”, “be. 品切れだった人気の書が、待望の増補! 初版刊行から16年。放送の自由の研究はドイツ・ケルン大学に留学時にはじまり、以来ドイツ放送の自由論を手がかりとして進めてきた成果である。. Amazonで鈴木 秀美の放送の自由(増補第2版) (学術選書108)。アマゾンならポイント還元本が多数。鈴木 秀美作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。.

『比較憲法学研究 第27号』(鈴木秀美) のみんなのレビュー・感想ページです。この作品は、政光プリプランから本です。. 鈴木 秀美 慶應義塾大学, メディア・コミュニケーション研究所(三田), 教授. 第11章 放送法における表現の自由と知る権利〔鈴木秀美〕 Ⅰ はじめに Ⅱ ドイツ――法律による内容形成 Ⅲ 日本――規律された自主規制 Ⅳ おわりに 第12章 表現の自由の意味をめぐる省察〔棟居快行〕 Ⅰ 問題の所在. を加え、近年発表した3論文を追加した「増補第2版」。.

放送の自由<増補第2版> - 鈴木秀美

email: dedapow@gmail.com - phone:(301) 711-4186 x 5417

財務諸表の基礎理論 - 峯村信吉 - 大屋徳城 日本仏教史の研究

-> センセイといっしょ - くればやしミユキ
-> 脳神経外科臨床実習のチェックポイント - 伊東洋

放送の自由<増補第2版> - 鈴木秀美 - 山内陸平 世紀の椅子たち


Sitemap 1

先輩、断じて恋では! - 晴川シンタ - となりのトトロ